ペルセウス座流星群

2007.08.13

三日連続の猛暑日。まだ暫く続きそうです。

昨日の夜、涼みがてら、流星を見ようと屋根に上がりました。
今年はペルセウス座流星群を見るのに、絶好なのだそうです。ピークが新月にあたるらしく、月の明かりが観察の邪魔にならないのだそうです。
屋根の上に寝転がって居ると、日中の酷暑が嘘のように、涼しい風が吹いています。
流星観察にはやや早い9時。
遠くから祭り囃子を練習する音が聞こえて来ます。風の向きの関係でしょうか、練習している子供達の声も時折聞こえてきます。
星空を見上げるのは随分久しぶりです。
夜空の星は、数万年掛かってたどり着いた光なんだと言う、子供の頃感じた不思議な感覚がよみがえって来ました。
ボーッと中天を暫く眺めていましたが、ふと気が付くと中々星が流れてくれません。
一時間に数十個と聞いてたのに、田舎とは言え人口の光が明るすぎるみたいです。
おまけに水蒸気のベールが、薄っすらと空を被っているようです。
どうやら大きい流れ星しか確認できないのかも知れません。
その内、シャツ一枚で寝転んで居たら肌寒くなってきました。
やはり相変わらずの低温傾向なのでしょうか?猛暑日だったことが信じられない涼しさです。

結局小一時間、屋根の上で寝転んで居ましたが、見えたのは2個だけでした。
薄い靄の為、流星の軌跡が線にならず、やはり太く滲んで見えました。

今日は極大日。
もう一度、今度は観察に適した0時以降に屋根に上ってみようと思っています。ただ、気持ち良さに寝入ってしまわないように注意が必要かも知れません。確実に寒くて風邪をひいてしまうでしょう。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
link
sitemap