干し柿、途中経過

2008.11.17

陽が暮れてから雷が鳴っています。
まだそれ程激しくい訳ではありませんが、思い出したように鳴っています。
どうやら冷たい空気が入ってきたようです。
予報では、もしかしたら2~3日内に雪が降るかもしれないとの事。
去年も同じ頃、初雪でした。
こんな事は、符号しなくても良いですのに。


完全に干し柿になる前の半生干し柿が美味しいと言う情報を、ラジオから仕入れました。
「ほんとかな~?」
半信半疑ながら、こう言う事は我慢は出来るはずもなく、一個取り入れてみました。
半生干し柿
こんな感じになりました。
二廻りほど小さくなっています。
手にもった感触は、フニフニして中々好感触。
半生干し柿の中身
中身はこんな。

味は、
「甘!」
次の瞬間
「渋!」。
特に風に当たっている外側が妙に苦いんです。
「しまった!だまされた!」
でも、まあ、甘味は充分ではあります。
「まだ一寸早かったのかな?」
それにしても、外側が苦いのは、時間が経てば苦くなくなるのでしょうか?
うーん、また失敗か?!
かなり不安になって来ました。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

Calendar
<< July 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
link
sitemap